「社員に健康診断を受けさせたいけれど、費用は会社で負担しなければだめ?」
「健康診断を受けさせている時間は、給料を払う必要はある?」

社員の健康診断を検討していると、このような疑問に直面することがあります。

たしかに、事業主にとしては「できるだけコストを抑えて受診させたい」という想いがあるはず。

しかし、法律では健康診断の費用は会社が負担することとされています。また、休日の取扱についても厚生労働省が見解を出しています。

そこで、社員に健康診断を受けさせるときの費用や休暇の扱いについてご説明します。

健康診断の費用は会社負担が原則。その範囲はどこまで?

健康診断の費用は、原則として会社が負担するものです。

これは、社員の健康診断を義務化している労働安全衛生法に、「会社が社員に受診を指示しているのだから、当然会社が負担を負うものだ」という趣旨の文章が書かれていることが理由です。

しかし、全部が全部負担しなければいけないというわけではありません。

そこで、ケース別にどれぐらい会社が負担を負うことになるのかを見てみましょう。

定期健康診断は会社が全額を負担

1年に1回行われる定期健康診断では、会社が全額を負担します。

実際の費用は、受診する医療機関や加入している組合、年齢などによってバラつきます。だいたい5,000円~15,000円ほどのため、できるだけ安いところに依頼したいですね。

アルバイトやパートでも負担する場合あり

健康診断の義務化は社員だけでなく、一部のアルバイトやパートも対象とされます。

具体的には、「1年以上勤務、もしくはその見込みがある契約社員」と「1週間の勤務時間が、社員の4分の3以上になるアルバイト・パート」です。

健康診断を受けるよう指示する以上、正社員でなくても会社が費用を負担する必要が出てきます。

交通費も会社が全額負担する

健康診断そのものの費用だけでなく、受診のために必要な交通費も会社が負担する必要があります。

オプション検査は会社が負担しなくて良い

労働安全衛生法では、健康診断を義務づけることだけでなく、受診が必要な項目もいっしょに定められています。

それ以外の項目は、法律の範囲外になります。そのため、会社が負担する必要はありません。


・35歳以上を対象とした胃部X線検査
・女性を対象とした子宮検査
など

二次以降の健康診断は会社が負担しなくて良い

労働安全衛生法で定められているのは、定期健康診断までです。結果に何らかの異常があって二次健康診断の通知があったとしても、会社が負担する必要はありません。

ただし、ただでさえ二次健診は社員が受けたがらないものです。「社員の健康を維持するためにも、会社がある程度負担するべきだろう」という見解もあります。

健康診断を受けているときは無給か有給か?

「健康診断を受けるために有給休暇を取れ」

事業主のなかには、社員にこのような指示を出す方もいます。

社員にしてみれば、無理やり健康診断を受けさせられたあげく、有給を消化させられることになり少々理不尽です。

健康診断で給料が発生することはないのでしょうか?

その答えは、健康診断の種類によって分けられます。ポイントは、受診が業務に直接かかわるかどうかです。

一般健康診断の給料は会社と社員の協議で決めること

多くの方が行う一般健康診断は、あくまでも健康を維持するために行っているもので、「受けなければ仕事ができない」というものではありません。

つまり、業務に直接関係しているとは言えないため、会社が給料を支払う義務はありません。実際は会社と社員の協議で決めるものとされています。

ただし、「円滑に受診させるためにも、賃金を払うべきだろう」というのが厚生労働省の見解です。

特殊健康診断では給料の支払いが必要

特別な業務に就いている社員だけが受ける特殊健康診断は、「その業務のために健康を害していないか」を診て、「以降も業務を続けられるか」を判断するものです。

つまり、業務に直接関係していると言えるため、会社が給料を支払う義務が発生します。

給料を支払うなら、残業代発生の可能性にも注意

一般・特殊のどちらについても健康診断で給料が発生するなら、受診時間に気をつける必要があります。

受診中は一般的な労働時間として扱われるため、業務時間外なら残業代が発生します。費用を抑えるなら、業務時間内に交代で受けさせるのが良いでしょう。

社員のパフォーマンス向上のためにも、ぜひとも充実した健康サポートを!

ここまで、健康診断の費用や給料の扱いについてご説明してきました。

まとめると、原則として会社負担になるものの、オプション検査や二次健康診断など、そうでない部分もあることになります。

しかし、社員の健康を保って仕事のパフォーマンスを維持するためにも、可能なかぎりサポートすることが望ましいでしょう。

健康診断以上の健康サポートをお探しの事業主の方。

弊社では採血を行うだけで健康状態を把握し、生活習慣をアドバイスさせていただくサービスを提供しています。

会社に訪問して採血するため、忙しいときも安心です。

社員の健康を気遣う方は、ぜひともご相談ください。